FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Message.

「・・・・・。紙やその他ゴミを、教室や、いろいろな場所に捨てている現状がります。これはよい習慣ではない。
 今、モルディブの教育は生活に生きるスキルの指導、これからの社会を担う人材を育てることなどを目標に、これらのスキルを大切にしていこう、というものになっています。その点においても、このようなマナーについて生徒たちに伝えていくことはとても大切なことです。学校だけでなく、社会に出ても必要だからです。そして生徒たちは授業科目のなかでもこのようなことを習っているのですが、実践につながっていないのが現状です。いくつかのクラスでは教室も非常に乱れています。これらを改善し、よい習慣を身につけるためにも、生徒たちに大切さを伝えていくためにも、まずは先生たちが理解し、実践していく必要があります。・・・・・。
 伝えるためにはまずはわたしたちが実践すべきです。私たちが実践するこで生徒たちも学ぶことができるはずです(should be…)。まず実践しましょう。このことを理解し守ってください。それから生徒たちに伝えていきましょう。」

 
 
 今日校長先生が、われわれ教員話した内容です。
ちょっと直訳したような文章になっているのは、私が聞き取ったからです。(たぶんつくってないと思います。こんな感じだったと…)

 この話が始まったとき、カウンターパートがこっちをみて微笑んでくれた。(これも嬉しかったぁ。)
そして校長先生の話で、私の心も温まった。


 ゴミのことが気になっていたのに、なかなか動き出せなかった。
どうやって伝えたら、うまく伝わるのか。
でもこのまま目をつぶるのはおかしいし・・・ここだけはやっぱり譲れないポイント。
生徒に捨てるな~とか言えるけど。。。教員もその横で捨てている現状。
やっぱり、先生がたに協力してもらって、みんなで取り組む必要があるって強く感じてた。
そのためにも気持ちよく取り組めるような伝え方がしたい・・・

どうしたらいいのか・・・

ことあるごとにカウンターには思いを伝えたりしていた。
そしてこの前改めて相談してみた。

その直後、あるクラスでは、彼女はゴミのこと生徒に伝えてくれた。

そして、校長先生に伝えてみたらってアドバイスもくれた。
私もそう思ってたから、改めて決心できた。

そして、昨日チャンスが訪れる。
別の用事で校長先生に呼ばれたので、この絶好のチャンスを逃すまいと、
言いたいことを英語で簡単に書き出し準備して向かう。

そして伝える。校長先生の反応もよかった。
伝えれてよかった。
そう思ってた。

昨日の今日。
校長先生は全教員に伝えてくれた。
スタートはこれからだ!!
あらためて背中を押された気分。

カウンターがいつも背中を押してくれる。
そして校長先生がスタートをきってくれた。

さぁ、みなで実践して生徒たちが学べるチャンスをみんなで創っていきたい!!
ここからがスタートだ!

Action!!
この大切さも改めて学んだ。

manma&

イス
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NAOOAN

Author:NAOOAN
現在地:モルディブ・ウングーファール島
 
  たくさんの出会いと仲間に支えられて
  楽しくすごしてます!!
  さぁ!今日は何をしようかな・・・。
  一先ずのんびり・・・。二先ず?・・
  いつまでのんびり???

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。